アルファードグレード徹底比較

アルファードのグレード選びで迷う必要はない

アルファードは10種類以上のグレードがあり、選択肢の豊富さが魅力の車種ではありますが、その反面多すぎる選択肢からどれを選べばいいのか迷っている方もたくさんいるようです。

 

アルファードはハイブリッドとガソリンエンジン、どっちがいいんだろう?
アルファードってどのグレードにどんな装備を搭載してるのかよくわからない
結局アルファードのグレードは下位と上位だと何が違うの?

 

みなさん、アルファードに関する様々な疑問を持っているようです。

 

迷うほど選択肢があるのは良いことですが、選択肢が多すぎるために自分に合っていないグレードを選んでしまい、あっちの方がよかった、なんていうことになるかもしれません。

 

こちらのサイトではそんなことにならないよう、アルファードの各グレード毎の特徴と違いをわかりやすくまとめ、今アルファードのグレード選びで迷っている方が、自分にふさわしいグレードを選ぶことができるようにお手伝いいたします。

 

まずは、アルファードのグレード一覧表をご用意しましたので、こちらをみてアルファードにはどんなグレードがあるのかをざっくりと把握してみましょう。

 

アルファードのグレード名称 価格 燃費性能 (JC08モード)
X 3,197,782円 11.6km/リットル
G 3,995,018円 11.6km/リットル
S 3,578,727円 11.6km/リットル
S・Aパッケージ 3,754,473円 11.6km/リットル
S・Cパッケージ 4,173,709円 11.4km/リットル
SA 4,145,237円 11.6km/リットル
SA・Cパッケージ 4,585,091円 11.4km/リットル
GF 4,842,327円 9.5km/リットル
エグゼクティブラウンジ 6,522,218円 9.5km/リットル
X(ハイブリッド) 4,155,055円 18.4km/リットル
G(ハイブリッド) 4,775,563円 18.4km/リットル
SR(ハイブリッド) 4,919,891円 18.4km/リットル
G・Fパッケージハイブリッド) 5,356,800円 18.4km/リットル
SR・Cパッケージハイブリッド) 5,501,127円 18.4km/リットル
エグゼクティブラウンジ(ハイブリッド) 7,036,691円 18.4km/リットル

 

グレード名に(ハイブリッド)が入っているグレードはハイブリッド、それ以外はガソリンエンジンのグレードです。ハイブリッドの方が車体価格は高く、最も安いものでも400万円以上になります。ハイブリッドを選択する場合には最低でも400万円以上の予算がかかる、これはアルファードのパワーユニットを選ぶ上でとても重要なポイントになります。

 

アルファードのグレードごとの違いを説明

 

ここからはアルファードのグレードごとの違いについて説明していきたいと思います。

 

燃費性能

 

アルファードのパワーユニットはハイブリッドとガソリンのどちらかから選択できます。まずはそれぞれの燃費性能を確認していきましょう。

 

パワーユニット 燃費性能
ハイブリッド 18.4km/リットル
ガソリンエンジン 11.6km/リットル

 

↑を見ればわかる様に、アルファードはハイブリッドがガソリンエンジンよりも6.8km/リットルも低燃費となっています。

 

6.8km/リットルの差はとても大きな値ですが、どのくらい燃料代が削減できるのかはパッと見ではわかりづらいかもしれません。この差をわかりやすくするため、実際にアルファードが1km走った時にかかる費用がどうなるのかをお見せします。

 

アルファードが実際に1km走るのにかかる費用

 

ハイブリッド ガソリンエンジン
6.5円 10.3円

 

アルファードが実際に走ってみた場合には1kmあたり3.8円も燃料代に差が生まれてくることになります。10kmや20km走ったぐらいではそこまでの差にはなりませんが、仮に10万キロ走ったら38万円も燃料代の差ができるということになります。

 

そんなに安く済むならハイブリッドに決めた!と、ここで結論を出してはいけません。単純に燃費の話だけならハイブリッド車はお得ですが、ガソリンエンジン車と比べると車体価格が50万円~100万円ほど高いことを忘れないようにしましょう。

 

もしも50万円の車体価格差を燃料費で相殺しようと思ったら、ハイブリッド車は13万キロ以上走らなければならない計算となります。

 

アルファードはガソリンエンジン車よりもハイブリッド車の方が中古車として売却した際の価格は高くなることが多いですし、エコカー減税という点から見た場合にも優遇されていますので、これらも差額を埋める要素と考えれば、実際の差額はもう少し少なくなることになります。

 

これらすべてをひっくるめた上で考えると、走行距離10万キロがアルファードを購入する際のトータルコストが釣り合うポイントといえるでしょう。アルファードは10万キロ以上走るなら燃費の差でハイブリッド車がお得、それ以下なら車体価格の安さでガソリン車がお得、という結論となります。

 

そして、コスト面で考えればどちらが得かはケースバイケースですが、ハイブリッドの強みは燃費の良さ以外にもあります。

 

付属しているモーターの分、ガソリンエンジンよりも強いパワー

 

ハイブリッドにはエンジンにモーターが追加で付属しています。すべての状況でというわけにはいきませんが、このモーターのパワーが生きてきます。モーターのパワーが加わった分、ガソリン車よりも力強いアルファードの走りを実感することができる場面も多くなるのではないでしょうか。

 

燃費がいいので、給油回数を少なくできる

 

アルファードは燃料タンクの容量が65リットル、満タンまで給油した状態で走れる距離は以下のようになります。

 

・ハイブリッド → 1196km
・ガソリンエンジン → 754km

 

これはアルファードのカタログ上の燃費を使って計算していますので、実際にはアルファードはこれだけの距離を走ることはできませんが、ハイブリッドでは800km、ガソリンエンジンなら550km程走れるはずです。よって、ハイブリッドならば東京名古屋間を道中1回の給油で往復できるのです、一方ガソリンエンジンはおそらく無理でしょう。

 

ハイブリッドを選べばアルファードに乗って家族旅行等で長距離を移動する場合にも、面倒な燃料補給の回数を減らすことができ、結果快適な旅行を楽しむことができるでしょう。

 

ここまでハイブリッドとガソリンエンジンについて紹介してきましたが、それぞれどちらがどんなアルファードユーザーにおすすめかを以下のように表にまとめました。

 

ハイブリッドがおすすめな人 ガソリンがおすすめな人

・10万キロ以上アルファードに乗る予定。

・給油回数なるべく減らしたい。

・少しでもパワーが欲しい。

・数年でアルファードから他の車に乗り換える予定がある。

・予算をなるべく抑えてアルファードに乗りたい。

 

アイドリングストップについて

アルファードはアイドリングストップ機能を搭載、2.5リットルガソリン車のみ搭載可能になっています(4WDは標準搭載、2WDはオプション追加可能)

燃費をより良くしたい方は、2.5リットルエンジンを選ぶことをおすすめします。

 

グレードごとの装備の違い

 

次はアルファードのグレードごとの装備の違いを見ていきましょう。

 

アルファードはざっくり4つのタイプのグレードに大別することができます。

 

X・ハイブリッドX

 

X・ハイブリッドXはアルファードの中でも一番お求めやすいグレードです。装備を基本的なものに絞ったり機能を制限することによりコストを下げています。ホイールサイズは上位グレードよりも小さい16インチ、LEDクリアランスランプの機能制限、LEDコーナーリングランプは非装備です。安全装備はレーダークルーズコントロールを標準搭載していません(オプション追加は可能)がアルファードはブレーキ制御を全グレード完備していますので、安全度は最廉価グレードのX・ハイブリッドでも十分高いといえるでしょう。

 

標準装備
16インチアルミホイール、ヘッドランプ(LED[ハイ・ロービーム])+LEDクリアランスランプ、茶木目調+シルバー塗装インストルメントパネル、ハイブリッド車用オプティトロンメーター、本革巻き4本スポークステアリングホイール、スタンダードコンソールボックス(ハイブリッドは大型スタンダードコンソールボックス(リヤエンドボックス)

 

どんなドライバーなら買い?

コストをなるべく抑えてアルファードを手に入れたい

 

V/VL・ハイブリッドV

 

次はアルファードでは中位グレードのV/VLとハイブリッドVのご紹介です。

 

XやハイブリッドXと最も違うところはそのゴージャスな内装です。シートにはファブリック素材+合成皮革(VLは本革)、ステアリングやコンソールボックスなどの全体的な内装は落ち着いた茶色の木目調を使用することで、上質素材のシートとのバランスをとることに成功しています。

 

  V・ハイブリッドV VL
ファブリック素材+合成皮革 -
本革 -

 

それぞれのグレードの合成皮革と本革の内訳を上記の表にまとめました。その他にもLEDコーナリングランプの追加装備、16インチだったホイールサイズが17インチとなっています。

 

V/VLはガソリングレードですが、、Vは2.5Lエンジン、VLは3.5Lエンジンを搭載。90万円の差額はシート革の素材差だけではなく、エンジンの大きさの差も含んでいます。

 

どんなドライバーなら買い?

機能面を妥協せずにできる範囲でコストを抑えたい

できる限りやすい価格で本革シートを追加したい

 

Z/ZA・ハイブリッドZR

 

次はアルファードの中では一番人気、エアロボディのグレードです。グレード名に「Z」が入っているものがエアロボディのグレードになっています。エアロボディグレードは多くのアルファードユーザーからの評判も高い、大人気グレードです。内装を茶色ベースでまとめていたV/VLに対し、こちらは黒を前面に押し出した内装で迫力のある仕上げになっています。

 

一方、内装面では合成皮革採用グレードがハイブリッドZRに限られる等、中位グレードと比較するとエアロボディ車は内装面では弱い様です。エアロボディ車は内装よりも外装に対するこだわりの強いアルファードユーザー向けのグレードと言えるでしょう。

 

どんなユーザーなら買い?

内装面にこだわるよりもとにかくエアロパーツが装備したい

 

エグゼクティブラウンジ・ハイブリッド エグゼクティブラウンジ

 

最後はエグゼクティブラウンジの紹介になります。シートは更に豪華になりセミアニリン本革※1採用、内装の木目はオリーブ・アッシュバール調、全体的な落着きはまさにエグゼクティブといったところです。

 

※1 通常の皮よりもなめしに大きな手間をかけた、革本来の風合いが大きく出た革

 

アルファードのグレードの中では最も上位のグレードですが、エアロパーツを装備することができませんので、エアロにこだわる方にはおすすめできません。

 

どんなユーザーなら買い?

そのエグゼクティブな車内空間に魅力を感じる

エアロボディは必要ない

とにかく安全機能をすべて搭載したい

 

 

特別な上級グレードについて

 

G・Fパッケージ(ハイブリッド)
S・Aパッケージ
S・Cパッケージ
SA・Cパッケージ
SR・Cパッケージ(ハイブリッド)

 

FパッケージCパッケージにはオートマチックハイビーム、ステアリングヒーター、本革シート、快適温熱シート(助手席)。

 

Aパッケージにはクルーズコントロール、助手席スーパーロングスライドシート。

 

このような快適装備が追加されています。

 

 

結局どのグレードが一番なの?

 

アルファードは最廉価グレードでも安全機能装備が豊富ですから、安いグレードだから安全度も低いということにはなりません。ブレーキ制御も全グレードに備わっていますし、足りなければオプション追加で好みの装備に仕立てることができます。

 

ならば、どこを基準にアルファードのグレード選びを行えばいいのでしょうか。アルファードの中で最も人気があるのはエアロボディ車、つまり「見た目」で選んでいる人の数が圧倒的に多いということになります。まずエアロボディからで機能はその後、という選び方をしても、アルファードはそのグレード数の多さとポテンシャルの高さからユーザーの満足するグレード選びができます。

 

アルファードの独特な見た目はやはり大きな魅力です。見た目にこだわった上でそこに燃費や快適室内装備などの自分らしさを反映させていきましょう。

 

アルファードは全てのグレードがそれぞれ魅力的ではありますが、その中から一つ上げるとすれば車体価格を抑えながらも、エアロパーツを装備した上に室内快適装備まで備わった、豊富な追加装備を堪能できるS Cパッケージをおすすめします。


http://www.hzlouti.com/ http://www.getyourfreeproducts.com/ http://www.undici07.com/ http://www.gbghockey.com/ http://www.nike49ersjerseysshop.com/ http://www.sunvilfinefood.com/ http://www.vpshostingnederland.com/